HOME > スペシャルインタビュー > 吉田敬史氏 【第1回】 ISO14001改訂のポイント

【第1回】ISO14001改訂のポイント 取得で終わらない“結果”重視に軸足担当者から経営者レベルに引き上げを

Q:今回のISO14001の改訂のポイントは
何でしょうか?

吉田氏:
企業と地球環境との共存、持続可能な開発への貢献を目的とした環境マネジメントシステムのISO14001ですが、地球環境についてはどんどん悪くなっています。このままではいけないというのが改訂の背景にあります。

環境問題を踏まえた企業活動とはどうあるべきなのか……そもそもISO14001は、行政による規制への対応など受け身なものではなく、欧米や、日本の経団連などの産業界が自ら不可欠な規格であるとして、主体的に開発したものです。


合同会社 グリーンフューチャーズ 代表
吉田敬史 氏

大きな問題点は、2000年代に顕在化した、認証取得だけを目的とした形骸化した取り組みです。認証取得して終わりではなく、大切なのは環境問題への取り組みが有効に実行され、結果を出しているかということです。

各企業にはISO14001の担当者が置かれていますが、経営者が担当者に対し“良きに計らえ”というスタンスではなかなか有効性を発揮できません。この問題は、従来の担当者レベルではなく、経営者レベルの問題であるということです。経営層がしっかりとこの問題を事業のプロセスに組み込んで、真剣に取り組むことが重要です。何のためにヒト・モノ・カネを投入し事業を行うのか。環境問題対策を当然のように内包した事業で結果を求め、そして説明責任を果たす……そうするためにはやはり、オペレーショナルなレベルから、経営戦略レベルにしなければなりません。

では、どういう規定なら有効なものとなるのか……経営者がリーダーシップを発揮し事業プロセスに織り込むなど、より“結果を出す”ための規定変更が今回の改訂ポイントです。

吉田敬史
合同会社グリーンフューチャーズ 代表。ISO/TC207/SC1日本代表委員として、1993年にスタートしたISO14001策定に当初から参画し、以来20年以上にわたり、国際的な規格開発及び改訂作業に携わってきた。ISO14001の2015年改訂では、その対応国内委員会委員長として、中心的役割を果たす。

ページの先頭へ