HOME > QMS/ISMS内部監査員・管理技術者登録

マネジメントシステム 内部監査員、管理技術者の資格登録

キャリアアップと力量証明のために信頼の置ける認証登録をー JRCA承認研修コース+実務経験=認証登録

認証登録制度の概要

1994年に国内で最初のマネジメントシステム審査登録(認証)が行なわれてから現在まで、数多くの企業関係者やOBの方々がマネジメントシステムの構築、運営、検証、そして認証等の場で活躍してこられました。一般財団法人日本規格協会マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)では、QMS(品質マネジメントシステム)、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の分野について、これら組織内におけるシステム機能の重要な担い手を「MS内部監査員」又は「MS管理技術者(管理責任者)」として第三者の公平・公正な立場から客観的に評価し登録しています。
資格の有効期間は3年間であり、所定の手続きにより更新することができます。

組織の内外に潜む問題点を検出するQMS/ISMS内部監査員

組織・企業は内部監査を実施することにより自組織及び取引先等の改善点を明確にし、問題解決や顧客満足の向上につなげることができます。
監査要員をJRCAに「マネジメントシステム内部監査員」として登録し、継続的に力量向上を図っていくことでより効果的な内部監査を行うことが可能です。

ISOのトータルコーディネーターQMS/ISMS管理技術者

MS管理技術者(管理責任者)は、ISOマネジメントシステムの構築・運営・管理に対する責任を担っており、組織のマネジメントシステムを支えるキーパーソンです。
JRCAに「マネジメントシステム管理技術者」として登録し、継続的に力量向上を図っていくことで、マネジメントシステムの効果的な運営管理が可能です。

  • モチベーションの向上
    企業(人事担当部署)や組織が、資格取得を推奨することで、社員の自己啓発ややる気の向上につながります。
  • 効率化
    力量のある要員がISOシステムを担うことにより、経営の負担軽減(効率化)につながることが期待できます。
    また、外部監査の負担軽減にもつながります。
  • 高い信頼性
    第三者により客観的に認証登録された要員によって構築・運営され、検証・改善が継続されている(即ちシステムが有効に機能している)マネジメントシステムとして、内外に一段高いレベルで信頼性をアピールすることができます。
  • システムの有効性
    JRACA承認の研修コースを受講し、要員認証登録することで、システム機能の担い手を育成し、取引先等の二者監査を含めたより有効なシステムを構築することが可能になります。
  • 力量の向上
    第三者からの認証を受けることで自覚が生まれ、客観基準に基づく認証を継続することで力量の維持・向上につながります。
  • ローコスト
    「MS管理技術者」の資格維持費は年間「10,000円+消費税」、また「MS内部監査員」の資格維持費については“3年間”で「10,000円+消費税」と、登録後に利用可能なサービスを考慮しても安心して資格登録を維持することができます。
  • 登録申請
  • 研修コースについて
  • お問い合わせ

ページの先頭へ